オカメインコ暮らし

オカメインコ  ノーマルパール2018年3月生まれ♀ WFパイド2019年12月生まれ♂ ルチノー2020年12月20日生まれ♀ の育成&繁殖などなど 東京都内で小規模ブリーダーを始める飼い主日記です

2020年12月

今年ももう、あとわずか

今年は
春先にお迎えする予定でお迎え先の候補を探していたら
まふぃんに出会いました

いろいろありました
指が無くなっていた時は、深夜まで落ちた指を探しました
でも、そんな甘えん坊だったまふぃん
10月には超イクメンのパパになり、可愛い雛たちを見せてくれました
いっしょに子育てをさせてくれたたるとにも感謝です

コロナや転職など、辛いこともありましたが
楽しくて愛おしい事の方が多い一年でした
来年も、みんな健康で楽しく暮らしていけるよう
努めていきたいと思います
ブログの更新頑張ります!

来年は
本業の安定化と、おかめCluBのHP作りなど
コロナになんか邪魔されたくない行事がてんこもりです!
(ヘルニアも!)
オカメ達も飼い主も!健康管理を頑張って楽しく暮らしていこうと思います!

なので神様応援よろしくです!(笑)
201230-0

138703

みなさん、よいお年を~!

クリスマスなので、特別サラダを作りました

201224

ベビーリーフ(残りは飼い主がサラダに)

煮大豆(残りは飼い主がサラダに)

チンしたカボチャ(残りは飼い主がサラダに)

チンしたサツマイモ(残りは飼い主がサラダに)

赤パプリカ(残りは飼い主がサラダに)

味付けなしで作ったポップコーン(残りは飼い主がつまみに)




オモチャにも、おやつにも(食べているのかは謎)大人気のポップコーン
※恐ろしく散らかりますのでご覚悟ください※

MerryXmas!

オカメインコ挿し餌雛の育て方

挿し餌の作り方
DSC_1107挿し餌用カップ・湯煎用カップ・お湯入れ・スケール
DSC_1106スプーン各種 挿し餌用スプーンでなくても挿し餌は出来ます
手乗りにするならシリンジはオススメしません
(誤嚥トラブルや、餌の状態にかかわらず無理やり押し込むことができるため)
※強制給餌が必要な場合は必ず病院へ行きましょう※

挿し餌は必ず
ケイティイグザクトフォーミュラを50~55℃のお湯で溶いたものを
都度新しい物を作って与えます(※お湯の温度は60度以上にならないよう注意
使い終わった容器は、ぬるま湯で良く洗い熱湯消毒か次亜塩素酸水で必ず消毒します

雛-201215-2

挿し餌の作り方を動画にしてみました




生後何日位かでの挿し餌の回数の目安です(体重は、うちの子たちの参考体重です)

201023-1生後18日102g(左)生後15日86g(右
まだ巣上げ前です、この状態の雛はお店にいることはないと思いますが…
いてもお迎え禁止です


DSC_0607DSC_0601生後24日106g(左)生後20日106g(右)
生後20日ごろには体重はほぼMAXとなり、巣上げをしてペットショップなどに並びます

挿し餌は1日4回 朝・昼・夜・夜食 
毎回挿し餌前に体重を量り、挿し餌後に体重を量って、
1回になんg食べたのかを必ず記録していきます
体重の測り方はこちら

この時期は、1回で10~15g位食べます
目安の量にとらわれず、食べたいだけ食べさせます
そしてしっかり保温をします 保温が不十分だと消化が進まずそのうトラブルになります
プラケースには粟穂や撒き餌をして一人餌の練習も始めます
お水はまだ必要ありません
↓プラケの環境はこんな感じで
1219
挿し餌の食べさせ方動画↓


2羽とも必死に挿し餌を食べます
挿し餌をこぼして汚すのは愛嬌です
食べ終わったら、優しく手に乗せ撫でながら拭いてください
胸の方は自分できれいにする子が多いですが、
嘴の横は自分ではできないので丁寧に撫でながらとってあげてください
食後のケアで人によく慣れさせます
↓こんなふうに慣れてくれます

201030生後27日101g(億)生後23日107g(手前
生後30日位で初飛行を始めます 一人餌をよく啄ばみ始めます
初飛行の為に雛たちは体を絞るので体重が少し落ちます
よく食べて、よく遊び、よく寝ます
初飛行は下手です 明るい方に飛んでいきますので
窓ガラスで怪我をしないようにカーテンをします


一人餌を啄ばみ始め初飛行をしたら、挿し餌は3回にしてみます
朝・夜・夜食 体重が減りすぎるようなら挿し餌回数を戻します(-5~-10gが目安)



201102DSC_0733生後40日92g 生後36日97g
上手に飛べるようになって、見た目は大人と変わらなくなります
一人餌移行のため、体重も少し減ります
粟穂や撒き餌だけでなく、餌入れにも餌を入れ、水も用意します

朝の挿し餌を抜きます
挿し餌は、夜(夕方)と夜食(22時~23時頃)の2回 たっぷりと食べたいだけあげます
この時期から挿し餌はあまり食べなくなっていきます(目安は8~10g前後)

朝の体重を量り、夕方の挿し餌前の体重が
朝より5g以上減っている様であれば挿し餌回数を戻します

3g程度の減りで、翌朝の体重が前日と同じか増えている様であればそのまま様子を見ます
この時期に、野菜やペレットなどいろいろな物を食べさせておくといいです
小松菜だけでなく、人参やピーマンなどいろいろな味を覚えてもらいます
ペレットの慣れさせ方は、別の機会に記事にしようと思います


DSC_0707生後45~50日頃
一人餌がかなり進み、夜・夜食の挿し餌もあまり食べなくなります
一度減った体重が増え始めます
この2羽の場合は、90g近くまで減り95g位まで戻りました
(奥にいるのは親です)

様子を見ながら夕方の挿し餌を抜いていきます
夜、ケージに戻してからカバーをかける前に
夜ご飯を食べる習慣を身につけさせます

飼い主様はケージからなるべく離れることなく(10~15分くらい)
ケージ越しにえん麦など好みのものを手で与えたり
手だけケージに入れ粟穂を持って食べさせるなどして慣らすと
ケージに帰っても大人しくケージの時間を楽しめる子になります






ケージに帰っても飼い主がかまってくれている
気にしてくれていることがわかればあまり寂しがらなくなり
ケージの時間を楽しんでくれるようになります
気長に慣らしてあげてください
大人のオカメにも有効ですので、お試しください


DSC_0824DSC_0823生後55~60日頃
一人餌卒業の目安は、生後60日頃です
順調にいけば、夜食の挿し餌も3g前後かほとんど食べなくなっているでしょう
様子を見ながら、挿し餌を止めます


パールが生後50日 パイドが生後46日頃の挿し餌の様子です
パイドはまだ挿し餌を食べます
パールはもう、このタイミングの挿し餌はいらない様です つきあいで食べてる感じですねw



生後60日頃です
浅く広いお皿にシードやペレットをいれて、
飼い主様が一粒づつ拾って食べさせるのもいい事です
なにより人間の手が好きになりますし、一人餌も進みます、食べられるものを覚えやすくなります

こちらに書いたものは、健康なオカメインコの場合の育て方です
病気や弱った雛は、必ず病院へ連れて行きましょう

オカメインコは一人餌になるのが非常に難しい鳥さんです
マニュアルなどなく、1羽1羽の個性に合わせて微調整が必ず必要です
SNSやネットの普及によって育鳥の幅が広がりました
困ったら決して一人で悩まず、相談をしてください

飼育本や飼育サイトなどの情報は、あくまでも参考です
情報にとらわれず、その子に合った飼育方法を探していく必要があります
一人餌までは注意深く観察し、愛情を注ぐことが必要です

みなさん楽しいオカメインコ暮らしを~

201019





たると と まふぃん は絶賛換羽中

たると
は風切羽が半分以上生え変わっているので
飛ぶと変な音がします(笑)

まふぃんは、折れまくって寂しかった尾羽が生え変わりで立派になってきました
機動力が上がったのか、最近やけに勢いよく飛び回っています!∑(゜∀゜)
活発に遊びまわるようになりました!が、やっぱりコケまくり(笑)

先日、2羽とも健康診断に行ってきました

2羽とも肉付きがよく、理想的な体重だそうです
うんpもそのうの検査も異常なしでした!

まふぃんの足についてですが、やはりちょっと握りが弱いようです
火傷の後遺症なので、どうにもならないそうです
この先、かかとがこすれたり傷になるようであれば
都度様子を見て処置していくしかない様です

201209


今は凄く元気に遊びまわっているので
余計な怪我をしないように工夫をしていきたいと思います

DSC_1037後ろでポーッとしている方は遊びつくした後なのです
DSC_1036目ガウヘヘ♪ってなってない?

うんp用のペーパー遊びが流行りです(;´Д`)
凄く嬉しそうなたると(ノ´∀`*)

オカメインコ挿し餌雛の育て方 の前に

まず、最初に言っておきます
オカメインコは
一人餌の中雛をお迎えすることを強く推奨します!

何故?
鳥にとって一人餌に切り替わる頃非常にデリケートな時期です
加えて、オカメインコは非常に寂しがり屋でビビリで甘えん坊です
一人餌移行の難易度が非常に高いのでオカメは扱わないショップもあるほどです
寂しくて、緊張しすぎて餓死してしまう事もあるんです
挿し餌~一人餌になる迄の間に環境が変わって
ストレスを与えることは好ましくありません

一番怖いのが、感染症です
市場を通った雛たちは厄介な菌を保菌している可能性があり
元気なら成長過程で自然に打ち勝てる菌すら、
体重減少などにより感染・発症し、最悪のケースに陥ることもよくあります
有名な感染症 メガバクテリア症・ロックジョウ症候群・ビタミン欠乏症・ヘキサミタなど

我が家の親鳥は年に2回の健康診断、
年に1回のPBFD/BFD/オウム病の遺伝子検査を行っています
ですが100%うちは安全です!とも言い切れません

病原体はどこにでもいるのです

鳥の感染症は、羽や糞の接触や飛沫による感染が非常に多いです
ペットショップやホームセンターに鳥用品を買いに行ったとします
生体に直接触らなかったとしても、生体を触った人が触った商品はどうでしょう?
生体を管理している人が陳列した商品は?

そんなことまで心配していたら何もできない!と思うでしょう 
私もそう思います!
ですがPBFDの原因であるサーコウィルスは、
一定条件下で何年も生き続けることができるそうです

PBFDという病気は、2020年現在 特効薬はありません
感染し、発症した個体は羽の形成異常・脱羽などが始まり
最後には免疫不全による合併症で亡くなります

PBFD詳しくはこちら(Wikipedia)

鳥がかかる多くの病気に効く特効薬はまだ少ないです
心配しすぎでしょうか?
毎日のちょっとした気遣いや予防で愛鳥への感染は防げるのに?

ちょっと脱線しました

どうして挿し餌雛ではなく、一人餌の中雛がオススメかというと
挿し餌による食滞などのトラブル
一人餌移行時の体重減少による体調不良 などのリスク非常に低く
先天性の病気や障害の有無
感染症にかかっているか否か が、既に判断されているからです

そして
よく人に慣れた一人餌中雛のオカメインコなら
新しい家族のもとでも問題なくべた慣れになるからです
荒鳥のオカメインコでも、時間をかければ手に乗るくらいには慣れるのです

店頭のオカメインコは挿し餌雛が多く、一人餌の子は少ないので
一人餌まで大切に預かってくれるショップを強くお勧めします

一人餌迄預かってくれるというショップなら
オカメインコの扱いに慣れていて、安心です!


201019


オカメインコにとって、より良い知識と環境をもって
楽しいオカメ暮らしを!





このページのトップヘ