オカメインコ一人餌中雛をお迎えしたら

まずは体重を量りましょう

ショップでお迎えした箱やケースごと一度量って書き留めておきます

ゆっくりオカメが出てくるのを待って
(怖がって時間がかかっている場合は疲れさせないようにサッとプラケに移す)

オカメが入っていた箱を量って、その差がオカメの体重です

201220-011
201220-0112


理想体重は90~95g(あくまでも目安で個体差があります)
一人餌の中雛なら85~90g(あくまでも目安で個体差があります)
一人餌の中雛でもゴハンの食べが悪いようなら、挿し餌を用意しましょう
 夜寝る前(しっかり保温して)なら、食べるだけ食べさせても大丈夫です(3~4日間程度)
 挿し餌雛の育て方(仮称)を参考にして食べさせましょう
80g以下の場合は、(あくまでも目安で個体差があります)
病気が疑われることもあるので、病院へ行きましょう

毎日決まった時間(朝起きてすぐが理想)に
体重を量って記録しましょう

1日で体重の10%の増減があった場合は病気の疑いがあります
自己判断せずに、病院へ相談しましょう

くどいようですが、急激な体重の増減・体重が軽い 場合は
生死にかかわる病気の恐れがあります
元気そうにしていても、鳥さんは病気を隠していることがよくあります
体重の増減や、糞の異常など、目に見えて異常が確認できた頃には
手遅れになっている可能性が十分にあります

鳥さんは決して「痛い」「辛い」とは言ってくれません

この先20年か、もっとか、
末永くお互いに健康で楽しく寄り添っていけるよう
オカメちゃんの健康管理は飼い主さんにかかっています