オカメインコ暮らし

オカメインコの育成&繁殖などなど 東京都内で小規模ブリーダーを始めた飼い主日記です

タグ:雛

今日は東京で春一番が観測されました!

とはいえ、ただの風が強くて凄く寒い一日でしたが(笑)
まだまだ寒い日は続くと思いますので、皆さん暖かくお過ごしください

最近のたるとまふぃんですが
2羽とも換羽を繰り返しておりますが至って元気です(〃 ̄ー ̄〃) 
体重管理と発情調整の為に別居中です(;´Д`)
たるとはモリモリ食べちゃう…
まふぃんは減少傾向…

ぶっちゃけ同居していると、餌目的のたると と たるとに依存したいまふぃん この攻防です(笑)

放鳥時も果敢にたるとに迫るまふぃんですが、軽めにフラれただけでも
飼い主に泣きつく始末であります!
200107
これでも泣きつき中なんです(;´Д`)慰める飼い主

まふぃんはスマホに齧りつくので、めったにまともに写ってくれません(´Д⊂グスン

↓は、おやすみカーテンを閉めた後の様子です


210127-110

ストーカー監視カメラを見ているように見えます(最近3台になりました)

が・・・


210127-22

実はたるとをロックオンです

別の日も


IPカメラ-21.29.56

カメラを見ている!?

と思いきや…


ネットワークカメラ-21.29.29

ガッツリ見てます!!!

放鳥中は飼い主をストーカーして寛ぐ2羽ですが、飼い主抜きの関係性はまだ未知数なのかな?

ちなみに、目隠し代わりになっている外付けパネルヒーターを付けている理由は
まふぃんは昨年末に1歳になったところなので、ちょっと暖をとれるようにしてあります
ですが、毎朝暖かいケージから出たがらないのはたるとですけど( ; ゚Д゚)


210203-2

↑これが2羽の精一杯のパーソナルスペースの様です →から少し寄せてます(笑)
これ以上寄るとたるとに怒られるのです!!
がんばれまふぃん!もうちょっとで巣引きだよ~!!

その前に一大イベントがあるけど!!(ΦωΦ)フフフ…

大変お待たせいたしました

飼い主がようやくヤル気になったので

おかめCluBのHPが出来ました!まだまだ手を加える予定ですが
とりあえず大枠が出来ましたのでご案内です



ブログのまとめも頑張ります!


210112
200107

オカメインコ挿し餌雛の育て方

挿し餌の作り方
DSC_1107挿し餌用カップ・湯煎用カップ・お湯入れ・スケール
DSC_1106スプーン各種 挿し餌用スプーンでなくても挿し餌は出来ます
手乗りにするならシリンジはオススメしません
(誤嚥トラブルや、餌の状態にかかわらず無理やり押し込むことができるため)
※強制給餌が必要な場合は必ず病院へ行きましょう※

挿し餌は必ず
ケイティイグザクトフォーミュラを50~55℃のお湯で溶いたものを
都度新しい物を作って与えます(※お湯の温度は60度以上にならないよう注意
使い終わった容器は、ぬるま湯で良く洗い熱湯消毒か次亜塩素酸水で必ず消毒します

雛-201215-2

挿し餌の作り方を動画にしてみました




生後何日位かでの挿し餌の回数の目安です(体重は、うちの子たちの参考体重です)

201023-1生後18日102g(左)生後15日86g(右
まだ巣上げ前です、この状態の雛はお店にいることはないと思いますが…
いてもお迎え禁止です


DSC_0607DSC_0601生後24日106g(左)生後20日106g(右)
生後20日ごろには体重はほぼMAXとなり、巣上げをしてペットショップなどに並びます

挿し餌は1日4回 朝・昼・夜・夜食 
毎回挿し餌前に体重を量り、挿し餌後に体重を量って、
1回になんg食べたのかを必ず記録していきます
体重の測り方はこちら

この時期は、1回で10~15g位食べます
目安の量にとらわれず、食べたいだけ食べさせます
そしてしっかり保温をします 保温が不十分だと消化が進まずそのうトラブルになります
プラケースには粟穂や撒き餌をして一人餌の練習も始めます
お水はまだ必要ありません
↓プラケの環境はこんな感じで
1219
挿し餌の食べさせ方動画↓


2羽とも必死に挿し餌を食べます
挿し餌をこぼして汚すのは愛嬌です
食べ終わったら、優しく手に乗せ撫でながら拭いてください
胸の方は自分できれいにする子が多いですが、
嘴の横は自分ではできないので丁寧に撫でながらとってあげてください
食後のケアで人によく慣れさせます
↓こんなふうに慣れてくれます

201030生後27日101g(億)生後23日107g(手前
生後30日位で初飛行を始めます 一人餌をよく啄ばみ始めます
初飛行の為に雛たちは体を絞るので体重が少し落ちます
よく食べて、よく遊び、よく寝ます
初飛行は下手です 明るい方に飛んでいきますので
窓ガラスで怪我をしないようにカーテンをします


一人餌を啄ばみ始め初飛行をしたら、挿し餌は3回にしてみます
朝・夜・夜食 体重が減りすぎるようなら挿し餌回数を戻します(-5~-10gが目安)



201102DSC_0733生後40日92g 生後36日97g
上手に飛べるようになって、見た目は大人と変わらなくなります
一人餌移行のため、体重も少し減ります
粟穂や撒き餌だけでなく、餌入れにも餌を入れ、水も用意します

朝の挿し餌を抜きます
挿し餌は、夜(夕方)と夜食(22時~23時頃)の2回 たっぷりと食べたいだけあげます
この時期から挿し餌はあまり食べなくなっていきます(目安は8~10g前後)

朝の体重を量り、夕方の挿し餌前の体重が
朝より5g以上減っている様であれば挿し餌回数を戻します

3g程度の減りで、翌朝の体重が前日と同じか増えている様であればそのまま様子を見ます
この時期に、野菜やペレットなどいろいろな物を食べさせておくといいです
小松菜だけでなく、人参やピーマンなどいろいろな味を覚えてもらいます
ペレットの慣れさせ方は、別の機会に記事にしようと思います


DSC_0707生後45~50日頃
一人餌がかなり進み、夜・夜食の挿し餌もあまり食べなくなります
一度減った体重が増え始めます
この2羽の場合は、90g近くまで減り95g位まで戻りました
(奥にいるのは親です)

様子を見ながら夕方の挿し餌を抜いていきます
夜、ケージに戻してからカバーをかける前に
夜ご飯を食べる習慣を身につけさせます

飼い主様はケージからなるべく離れることなく(10~15分くらい)
ケージ越しにえん麦など好みのものを手で与えたり
手だけケージに入れ粟穂を持って食べさせるなどして慣らすと
ケージに帰っても大人しくケージの時間を楽しめる子になります






ケージに帰っても飼い主がかまってくれている
気にしてくれていることがわかればあまり寂しがらなくなり
ケージの時間を楽しんでくれるようになります
気長に慣らしてあげてください
大人のオカメにも有効ですので、お試しください


DSC_0824DSC_0823生後55~60日頃
一人餌卒業の目安は、生後60日頃です
順調にいけば、夜食の挿し餌も3g前後かほとんど食べなくなっているでしょう
様子を見ながら、挿し餌を止めます


パールが生後50日 パイドが生後46日頃の挿し餌の様子です
パイドはまだ挿し餌を食べます
パールはもう、このタイミングの挿し餌はいらない様です つきあいで食べてる感じですねw



生後60日頃です
浅く広いお皿にシードやペレットをいれて、
飼い主様が一粒づつ拾って食べさせるのもいい事です
なにより人間の手が好きになりますし、一人餌も進みます、食べられるものを覚えやすくなります

こちらに書いたものは、健康なオカメインコの場合の育て方です
病気や弱った雛は、必ず病院へ連れて行きましょう

オカメインコは一人餌になるのが非常に難しい鳥さんです
マニュアルなどなく、1羽1羽の個性に合わせて微調整が必ず必要です
SNSやネットの普及によって育鳥の幅が広がりました
困ったら決して一人で悩まず、相談をしてください

飼育本や飼育サイトなどの情報は、あくまでも参考です
情報にとらわれず、その子に合った飼育方法を探していく必要があります
一人餌までは注意深く観察し、愛情を注ぐことが必要です

みなさん楽しいオカメインコ暮らしを~

201019





オカメインコの雛・中雛をお迎えしたら
おうちに連れ帰ってまずやる事

部屋を暖かくする

飼い主さんは着替えて手をよく洗う

窓や扉を必ず閉める

家族に不用意に窓や扉を開けないように周知する

静かにする

ショップで入れて貰った箱やキャリーを静かに開けて
オカメインコがゆっくり自分から出てくるのを待ちましょう

出てきたら、少しだけ声をかけたりしてプラケに移動させ休憩させましょう

あまりに怖がって出てくるのに時間がかかる場合は、
疲れすぎないように手早くプラケに移動させて
半分位タオルなどで覆って目隠しをしてそっとしておいてあげましょう

※中雛の場合でもプラケは用意してあったほうがいいです※
 挿し餌雛の場合もプラケごとケージに入れれば保温の準備の手間も省けます
 温度計やサーモスタッドのセンサーは忘れずにプラケの中につけてください
 プラケなら温度計は1個 
 ケージなら、温度設定に慣れるまでは2個くらいあったほうがわかりやすいです

↓プラケースの環境↓
1219
↓ケージの環境↓
雛-201215-01
雛-201215-1
DSC_0986




プラケとケージはこんな感じで
プラケは夜は段ボールで囲ってもOKです(空気穴を忘れずに)

お迎えしたら、しばらくは暖かく薄暗くして休憩させてください
オカメインコは凄く可愛いですが
凄くデリケートな鳥さんです
餌を食べたりお水を飲んだり、粟穂をつついたりする様になるまでは
あまり構わず、ただ傍に居るだけにしましょう
独りぼっちにはしないでください
ちょっと動けば隠れたり、人の姿がよく見えるように…
人懐っこい子なら、リラックスできれば自分から近寄ってきます

ケージ内の環境も載せておきます

201220-11

最初はオカメも人間も緊張しています
オカメさんはパニックを起こしやすくなっていますので
ケージの中は必要最低限にしましょう

オカメさんは、緊張しているとお腹が減っていても、目の前にゴハンがあっても食べてくれません
突然の大きな物音や声・振動(地震)に敏感です、気を付けてあげましょう
ケージの半分にバスタオルを掛けて少し目隠しを作るなどをすると落ち着きやすいです

人慣れしている子なら、思い切ってダッコをしてあげても効果がありました
(我が家は皆ダッコ魔でした)
左手ですくうようにオカメを乗せて
オカメの頭を自分の胸に当て、右手で頭と背中を覆うように被せます
右手の指先でオカメの頭を優しくなでながら静かに話しかけ、
5分ほどすれば落ち着くと思います 無理をせず落ち着かないようなら別の方法を…

挿し餌のあげ方などは 
オカメインコ挿し餌雛の育て方(仮称)に
書いていこうと思います

今回はオカメインコの雛の選び方!
やっとここまで来ました~!

わくわくしますね
オカメインコは比較的地味な色が多いですが、それでも色々な子がいます
ルチノー ルチノーパール WFルチノー(商品名アルビノ)
パイド WFパイド…きりがないのでこの辺で
カラーだけでも可愛い子が沢山!

男子、女子ならどちらがお好みですか?

性格は
男子は明るくヤンチャ、物を落とすのが好きな子が多い気がします 永遠の2歳児
アピール上手
女子は大人しく、放鳥しても飼い主の肩に止まってずっと寛いでいる子が多いみたいです
おしとやかでキレやすいお姉さんな感じ そっと甘えます

人慣れ、甘えん坊具合に男女の差はあまり感じないかな…アピール方法の違いとかかな?

男子は口笛が好きで、教えると歌う子が多いようです
おしゃべりもまぁまぁする子がいるようです
稀に女子も歌ったりおしゃべりしたりすることもあるそうです
我が家の女子は歌ったりしゃべったりしないですが芸を幾つかしてくれます

鳴き声は 女子のほうが比較的に静かです
呼び鳴きはどっちも同じです、
群れで生きている動物の本能で、姿が見えなくなると心配で鳴いて呼び戻そうとします
在宅中はトイレにも連れ歩く覚悟で準備しましょう(笑)
お留守番中は、おとなしいことが多いです
(慣れれば飼い主が不在なのがちゃんとわかります)
「おかえり!」は激しいですが、愛されていると思って受け止めましょう

実際にショップに行ってみると、可愛いオカメちゃんが沢山いると思います
そんな中で、一番注目して選んでほしいのが
元気で 人間に興味のある子! です
元気であることは第一条件です
次に、人間に興味がある事 人間に興味がないと、せっかく連れて帰っても
人間が怖くてゴハンも食べずに衰弱してしまう事があります

どうやって見分けるのか

多くの雛たちはプラケースの中に入れて店頭に並んでいると思います
人間が近づくと、興味ありそうに近寄ってきて
ケース越しに右往左往して「遊んで~!だして!」と
激しく動いてアピールする子がいいです





こちらはケージですが、こんな勢いの子がいたらお勧めです
元気で人間に興味があります!

ショップに行くと、たいていは挿し餌の雛を薦められると思います
挿し餌雛からじゃないと
あまり慣れないような印象の話を聞くこともあるかと思いますが

そんなことはありません!
人慣れしている中雛ならば、一人餌でお迎えしてもベタベタになります!
挿し餌だけ与えているようなショップでは、人慣れしている雛の方が珍しいでしょう
初心者にオカメインコの挿し餌雛を薦めるようなショップはオススメしません

挿し餌雛であっても、人慣れには個体差がありますし、
お迎えのストレスで異常に寂しがりになったり
病気がちになれば投薬で人間嫌いになるリスも高くなります

一人餌で、元気で人慣れしている子が一番のオススメですが
挿し餌雛でも、一人餌雛でも、必ず元気な子を選びましょう
かわいそうで…とお迎えすることもあるかと思いますが
その場合は苦労や悲しい思い、最悪の事態を覚悟してお迎えください

オカメインコは、最初の1年がとても難しいオウムです
甘やかしすぎるくらいでちょうどいいです
「ちょっと甘やかしすぎたかも…」と思ったら、
2年目以降に徐々に人間環境に慣らしてあげて下さい
必ず、徐々に、様子を見ながら行ってください…
この辺りは、オカメインコの育て方(仮称)で書いていきたいと思います

繰り返しますが必ず元気で人に興味がある子!
ケースの奥でじっとしてうずくまっていたり(満腹時は除く)
ケース越しにゆらゆら体を揺らして威嚇する子は人間が怖いです
大人しい子、顔や体やお尻が汚れている子は具合が悪かったり病気の可能性が高いです
ケースの傍によると、目が合って寄ってくるような子がいいですよ~


このページのトップヘ